NEW POST

地味色ガーデンは癒し色

山野草をメインとする我が地味色ガーデンは、生命の息吹が感じられるグリーンで溢れています。その1の続きです。

かつては、あれこれとカラフルな花に手を出したこともありますが、結局、渋い色に落ち着きました。「和洋折衷で民藝好き」というインテリアの好みと共通した、こんな植物に癒されるの。
微妙な緑や白の変化に眼を凝らし。

古風なイメージの薄紫「都忘れ」
c0297854_13222796.jpg

「レモン」の花ってこんなのよ
柑橘系の香りが漂っています
c0297854_13224034.jpg

4枚羽根をふうんわりとかぶった「ヤマボウシ」
宮澤賢治の世界観
c0297854_07054045.jpg

モクレンの仲間「オオヤマレンゲ」
コサージュにしたい
c0297854_13421187.jpg

冬には艶やかな実をつける「南天」もこんなに地味花
c0297854_14062279.jpg

グランドカバーの「セダム」
今の時季限定で黄色
c0297854_15431425.jpg

「ツルニチニチソウ」
斑入りの葉のも植わっているけど、それは花が終わり
c0297854_14235828.jpg

広げた手よりもかなり大きい花「シャクヤク」
和食器や着物の柄によく見ます
c0297854_08343094.jpg

放任主義と言っても、庭仕事はそこそこ手間。でもね、花や実、クリーンな精神を返してくれます。
だから、ガーデニングはやめられませんね。








[PR]
by essence-interior | 2015-05-16 08:57 |

インテリア


by essence-interior