NEW POST

ハンス・ウェグナー

c0297854_758584.png

少し前の話になりますが、かのハンス・ウェグナー氏が亡くなりました。享年92歳。日本でも、Yチェアで大人気のウェグナー。彼がデザインした椅子は、500を越える。また、それらの作品は世界中で認められ、多くの美術館で永久保存品として蒐集されています。使い捨てではない普遍的な椅子。健康で、美しい椅子。国は違えども、日本の民藝に通じる椅子です。

夫のダイニングの指定席が、ハンス・ウェグナーの椅子。フォルムや座り心地が良いのは、言うまでもないのですが、職人技的な「ちぎり」が好き。「ちぎり」とは、木の割れ目や接合部分に他の木を挿し、補強の役目を果たすものをいう。写真では、濃いブラウンの模様のように見えている部分で、補強と同時にデザインとなるわけです。数年前に中古を買い、日増しに良い味に変化していくのを楽しんでいます。

ウェグナー氏の残した作品は、後生に残り、私たちの毎日を豊かにしてくれることでしょう。心から感謝とご冥福をお祈りします。

興石
[PR]
by essence-interior | 2007-03-04 07:53 | インテリア

インテリア


by essence-interior