NEW POST

霰糖

c0297854_893534.jpg

以前宿泊した旅館のティールームでのこと。コーヒーに入れる砂糖として、また茶請けとして粒状の和三盆糖が用意されていました。ああ、そんな使い方もあるのかと感心しました。一般のキャンディーのような何かごちゃごちゃした雑味はなく、自然の清い甘さで美味しい。
粒状の糖は、和三盆製造の『ふるい』の行程で出る自然の塊だそうです。風流なことに、その形状から「霰(あられ)」と名付けられています。

いつもの食材店でその霰糖をみつけたので購入。今までこの存在に気付かなかったことが口惜しい限り。色は少し黄粉がかっており、五十嵐窯の白い皿に入れると、ふんわりとした空気のベールがかかったようでとてもきれいです。和三盆糖の新しい魅力を知ってしまいました。

岡田製糖所:霰糖
皿:五十嵐窯(福島県)
[PR]
by essence-interior | 2009-03-09 08:05 |

インテリア


by essence-interior