NEW POST

キリスト生誕人形

c0297854_23293293.png

父がメキシコで買って来たキリスト生誕の土人形。聖母マリアと父ヨセフ。二人の足元には布にくるまれた幼子イエス。父と一緒に、イエスを覗き込んだものです。周りには取り巻くように、キリストの生誕を祝う天使、星、南国の花や鳥。メキシコのある南半球のクリスマスは夏景色です。

わが息子が通っていた幼稚園はカトリック系で、毎年クリスマスには「キリスト生誕」の寸劇が行われました。この人形を再現したような内容です。劇中息子がいただいた役は、「羊飼い」。本人はたいそう気に入り、嬉しそうに茶色のマントをひらひらさせておりました。一生懸命に演じるあどけない瞳が懐かしい。今や息子は180cm、細マッチョの巨体です。

土人形は、*パパコレ。思い出が胸の中にいっぱいある。それは、幸せなことです。どんなクリスマスの飾りよりも心が温まります。



*パパコレとは、亡き父のコレクションをさします。







[PR]
by essence-interior | 2009-11-28 23:23 | 民藝

インテリア


by essence-interior