NEW POST

花ごしらえ

c0297854_20125236.jpg

和紙で椿を作り、花をすっかり落としてしまった椿の枝に挿す。随分前に奈良で見た椿を思い起こしながら、そして図書館で借りた本のお水取りの写真を見ながら、自分流に「花ごしらえ」を模してみました。

奈良東大寺のお水取りでは、練行衆によって和紙で椿の造花が作られます。これは奈良の三名椿、赤に白の斑点のある「糊こぼし椿」を模したもの。タラの木片にクチナシで染めた黄色の和紙を巻いて花芯とし、ベニバナ染めの赤い和紙を花びらにするという「花ごしらえ」とよばれるこの修行は、いろいろと厳しい取り決めがあるらしい。作られた造花は生の椿の枝に挿し二月堂に飾られます。

東大寺の「花ごしらえ」は2月23日。とても興味があり、是非行きたいのです。
[PR]
by essence-interior | 2009-02-03 20:06 | クラフト・手作り

インテリア


by essence-interior