NEW POST

シーツのカーテン

c0297854_17294943.png

クローゼット内に吊した半間幅の棚の埃除けカーテン。カーテンと言っても、シーツの端をクリップで挟み、バーに通しただけのシーツカーテンです。長さの調整は縫うほどのこともないので、上を10cm折ってそのまま利用。

明治からの度量衡法で「間」という単位があります。どのくらいの長さかというと、約1.8m。これは柱と柱の間の長さで、現在でも建築やインテリアの単位に使われています。畳の大きさは、一間×半間(約1.8m×0.9m)。この畳の大きさは、日本人一人が寝ることができる広さ。つまり、布団の大きさもこれにほど近いわけです。窓2枚分の横幅も1間、約1.8mになっています。うまくできたものです。因みに一坪とは一間×一間の面積、おおよそ畳二枚分をいいます。サイズの1単位が揃っているわけです。
回り回った話になりますが、シングルサイズのシーツの横幅サイズも、半間の場所に丁度良いのです。もしも使わないフラットシーツがあったら、お試し下さい。

漂白して生まれ変わったラルフローレンの古いシーツ。植物の地模様が入っており、良い感じ。頂き物のシーツはその他、テーブルクロスにも用います。
[PR]
by essence-interior | 2012-03-29 17:28 | インテリア

インテリア


by essence-interior