NEW POST

馬の目皿

c0297854_10025277.jpg

江戸時代に多く焼かれた瀬戸焼、馬の目皿。
厚みがありどっしりと重量感ある皿でして、
日用雑器として量産されたものです。

名が表す通り、
周囲の渦巻きは馬の目を模したもの。
馬が生活の中に身近に存在したからこそ、
施されたモチーフでしょう。

大胆な手描きによる馬の目は、
どれ一つとして同じ形はなく、
そこが面白いところ。
また、何をのせるかによって、
馬の目の表情が変わって見えるのが良いのです。
撫で撫でしながら愛用しています。

模様がアサリにも見えちゃうんですけどね。





Instagramやっています。→essence_color











[PR]
by essence-interior | 2017-10-25 00:16 | 民藝

インテリア


by essence-interior