NEW POST

フランス人は10着しか服を持たない

c0297854_07465209.jpg
ここまでのベストセラーになる前に、「フランス人は10着しか服を持たない」という衝撃的な題名にそそられて購入しました。が、読み進んでみると10着とは季節ごとの数であり、更に、ジャケットやコートなどのアウターやインナーを含まないのですよ。安心しました。
原題は「Lessons from MADAME CHIC」、と邦題とは全然ちがうの。うまくつけられた日本版タイトルに騙された感はあるのですが、示唆本としては、読んで損はなかったかな。

なかみは、
食事とエクササイズ / ワードローブと身だしなみ / シックに暮らす の3つのパートの分け、アメリカ人がホームステイ先の裕福なフランス貴族の暮らしを回想分析、提言。一刀両断的にバサバサと現代の物質主義を斬ってくれます。ものを減らして、衣食住・知性・感覚すべての質を高め、日常を大切に幸せに暮らそう、と具体例を語りながら説くあたり、日本の断捨離考と連なる内容でもあり。

図書館にこの本の寄贈を求めるポスターが貼ってありましたので、持参いたします。今、560人待ちなんですって。凄い人気ですね。






[PR]
トラックバックURL : http://essencefu.exblog.jp/tb/23445185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tetenootete at 2015-02-06 10:18
おはようございます。くまぞうです。
今、ちょうど断捨離中なんで、ちょっと、この本読んでみたくなりました。探してみます~。

↓メジロちゃん、本当に「おみごと!」ですね。
あんなに綺麗に食べるんですねぇ。。。感動です。
小1の息子にも見せてあげたいっ。
広島にいるころは、当たり前だと思っていた季節を感じることや自然に触れる事が、離れてみて、当たり前ではないんだなぁって思うことが多いです。
Commented by essence-interior at 2015-02-06 20:43
くまぞうさん、こんにちは。
私はいろいろ本を読んでは刺激を受けるのですが、刺激で終わり実践が伴っておりません。なんとかしなくては。
広島は緑が多い都市だそうです。国有の保安林もあるので、街中に住まいながらも恵まれています。そうですねえ、当たり前じゃないんですね。
by essence-interior | 2015-02-06 07:55 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

インテリア


by essence-interior