NEW POST

ファー付け襟の作り方

c0297854_09190536.jpg

ファーの端切れで付け襟作り。

1. 型紙を作ります。私は手持ちの付け襟を紙に写して使用。(ネットでも多数無料配布されています。「ティペット」「毛皮」で検索下さい。)

2. 型紙に合わせて毛皮を切ります。切り方は、毛皮の裏を向け、ハサミの先で基皮を挟みすべらせます。毛を切らないよう気を付けて。

3. 型紙に合わせ毛並が放射線になるよう剥ぎ合わせます。(基皮と基皮とを縫い代なしで突きつけ合わせて)



剥ぎ合わせたところです。先が三角に尖った革専用の針を使うのが王道らしいのですが、パッチワークのキルティング用針と糸で充分縫えました。

c0297854_10143913.jpg



 
裏はこうなっています。型紙をのせて、赤いペンで出来上がり線を書きます。
c0297854_12095078.jpg



4. 強度が不足している縫い目部分には細くテープ状に切った黒布を布用接着剤で貼ります。周囲に縫い代1.5cmとって切り揃えます。

5. 同じ大きさの裏布を用意し、型紙で印をつけます。

6. 毛皮と裏布を中表に合わせ、返し口を10cm残して周囲を縫います。
  


周囲を縫い終え、縫い代を1cmに切りそろえたところです。
c0297854_10011458.jpg



6.表に返し、縫い込んだ毛を目打ちで引き出します。

7.返し口をかがり縫いします。

8.留め金としてボタンとループを付けます。
c0297854_10254787.jpg


マスクをして掃除機を10分毎にかけての作業。毛皮を縫うなんて無理だと、思い込んでいました。毛は舞うし、硬くて根気はいるけれど、作業自体は言われているほど難しくはありません。パッチワークのキルティングよりも針が刺し易いかと。縫い目が乱れても、毛が覆い隠してくれますから、問題なしです。
材料費は0円。裏布までも、コートのリサイクルです。

毛皮によるかもしれませんが、これならまた作れそう。・・・だからと言って友人たちよ、私に注文しないでね。今、いつものエネルギーがさっぱり出ないのよ。私にしては、ゆるゆる暮らしています。







[PR]
by essence-interior | 2014-11-11 00:19 | クラフト・手作り

インテリア


by essence-interior