NEW POST

輪島

c0297854_13512610.jpg
親を見送ってからというもの精神的に参ってエネルギーが出ないのですが、相変らず、小さな旅は繰り返しています。ブログにはほとんどアップしないけど。
能登半島のほぼ先っちょに位置する輪島に出掛けました。目的は、漆器初心者として輪島塗を知ること。それから輪島の朝市、北陸の美味しいものを食べて気力をつけること。

美術館や資料館をまわり、職人さんの技を直接見ながらお話をお聞きし、「最後に輪島塗に行きつく」という意味が少し解りました。例えば、伝統の技を地域ぐるみで継承していること。過去の敏腕プロデューサーの活躍や優秀な職人が輪島に集結したこと。時代を先行く分割支払の仕組みが生み出されたこと。北前船の存在。
石川県輪島漆芸美術館は、知っているようで知らないだらけの私にとって、学ぶことが実に多かった。

旅は、体験に対する欲求も満たしてくれ、わが身の無知さを思い知る機会にもなります。で、好奇心を満たすために、また出かけたくなるのです。まだまだ元気に働かねば。




輪島塗 輪島塗のことはこちらのサイトをご覧ください。
石川県輪島漆芸美術館 石川県輪島市水守町四十苅11番地 (実演は常設ではないのでお確かめ下さいませ)
角海家住宅 輪島市門前町黒島町ロの94番地の2
炭焼いたる 石川県金沢市柿木畠2-8 076-233-1147 (3年前いたる本店に行って良かったので、今回は炭焼。)


輪島朝市

c0297854_17044161.jpg
c0297854_14204132.jpg
輪島市黒島地区伝統的建造物群保存地区
c0297854_13585246.jpg
世界農業遺産能登の里山里海(白米千枚田)
c0297854_14091244.jpg
塩せんべい栄煎堂
c0297854_13423512.jpg







[PR]
by essence-interior | 2014-10-04 00:08 | 旅・芸術

インテリア


by essence-interior