NEW POST

組み木の雛人形

c0297854_23435187.jpg
c0297854_23455650.jpg
小さなお雛様。組み木の雛人形です。
息子の初節句に、私の母から贈られたもの。男児ですが。

人形の大きさは6cm程度と、幼い子どもの手のひらに乗るほどのミニサイズ。それぞれ人形は5~8個のパーツからなり、パズルに興じながら付属の段に飾りつけます。片づけもパズルで、段ごとに直径13cmの円形の重箱へ。うまく納まると5弁の桃の花になるので「桃の花びら五段飾り」と名付けられています

平安朝時代の雛人形は、子どもの遊び道具でした。この組木の雛は、同様に飾って楽し、納めて楽し。木の柔らかで温かい感触とやさしい色が、いとおしい心持ちにさせてくれます。

デザイナー小黒三郎氏は、盲学校の元教師。視覚障害を持つ子ども達に、手の感触で遊べるおもちゃを与えたいと、考え思いついたのが「組み木のおもちゃ」だったそう。型紙も公開されています。





U-PLAN :25年前に手に入れたものですので現在同じものはありませんが、種々あります。




[PR]
by essence-interior | 2014-03-02 07:59 | 暮らし

インテリア


by essence-interior