NEW POST

ひな菓子に「おいり」

c0297854_7225447.jpg

ひな菓子に、香川県の「おいり」を求めました。
おいりとは、お煎り物の略称。乾燥した餅を釜で煎って作られる、大正時代から続く伝統的な菓子です。 「心を丸くもって、まめまめしく働きます。」との意味を込め、香川県西部地方では今も婚礼菓子として配られる他、節句や出産などの祝い事に欠かせないそう。

直径1cmほどの可愛いまん丸な形といい、パステルカラーといい、幸せを運んでくれそうなお菓子。口に含むとじゅわっと溶け、ほんのり甘く優しい春の味がしました。


山下おいり本舗:香川県三豊市高瀬町新名字大吉1018-20
三越「菓遊庵」で購入
[PR]
by essence-interior | 2014-02-28 07:26 |

インテリア


by essence-interior