NEW POST

苺のチョコレートがけ

c0297854_11233523.jpg

苺の季節になると、作りたくなる苺のチョコレートがけ。
チョコレートを湯煎で溶かし、苺をディップするだけで作れますので、今からでもバレンタインに充分間に合います。カップに入れてラッピング。バナナやキウイでも美味しいのです。

私は、ヴァローナのクーベルチュールチョコレートをよく使います。クーベルチュールチョコレートとは、脂肪分が多く含まれており、コーティングに向くチョコレートです。写真の楕円形のチョコレートがそれ。味や香りは少々落ちますが、一般の板チョコでも作ることができます。

①チョコレートをステンレスのボールに入れ50~60℃の湯煎にかけて溶かします。チョコレートの温度は42~45℃。
②ボールを氷水にあてゴムべらで混ぜながら30℃まで下げ、練るようによく混ぜます。
③洗ってキッチンペーパーで水分を拭き取った苺をディップし、クッキングシートに置いて固まるのを待ちます。

①~②の作業を「テンパリング」といいます。板チョコを使う場合も、このテンパリングを行うと、艶やかで口当たりの良いチョコレートに仕上げることができます。温度が低くなったら、テンパリングをやり直します。
チョコレートって、生きものの様で実に繊細です。



過去の記事を時々引っ越しさせています。本日の引っ越しはこちら
[PR]
by essence-interior | 2014-02-08 11:25 |

インテリア


by essence-interior