NEW POST

天神さん

c0297854_23511763.jpg

正月の写真に写り込んでいるテーブルランナーは、年末に訪れた「終い天神」で購入したものです。

京都の北野天満宮では、菅原道真誕生・命日がいずれも25日であることに因み、毎月25日に縁日(蚤の市)が行われ、骨董・食品・衣料・植木といったあらゆるものの露店が立ち並びます。その数1000軒とか。ことに12月25日は年内最後の祭りであることから「終い天神」とよばれ、正月用品も並び、いつもにも増した活気に沸き立つのです。

幾度もぐるぐる回りながら購入したのは、江戸時代末期の有田の皿。購入しやすい値段でしたが、私としては思い切りました。買い物は熟考タイプです。買うか否かを瞬時に判断する「購買における瞬発力」みたいなものは備わっていない。値段に関わらず、何日も、何か月も、いや何年も検討に検討を重ねる。しかし、今回ばかりは「これも出会い」と考え、即決したわけです。「エイ、ヤア!」とばかりに、それはもう博打気分です。
他にはマツやキク、ボタン、鳳凰文様の500円の古い織帯。2個100円の飴色になった糸巻。

博打は、当たりでした。
時には、博打的買い物も必要のようです。運命の出会いを逃さないためには。

c0297854_23514799.jpg
[PR]
by essence-interior | 2014-01-12 00:04 | 旅・芸術

インテリア


by essence-interior