NEW POST

ハロウィンの色

c0297854_22592332.jpg

ハロウィンの色と言えば「黒」と「オレンジ」。これには何の意味があるのでしょうか。ハロウィンは、収穫を祝い悪霊を追い払う古代ケルト人(紀元前2000年頃に中部ヨーロッパ広がった民族)の祭りが起源とされています。

「黒」は、悪霊やこれから訪れる厳しい冬を表します。
ケルト人にとっての10月31日は一年の終わりであり、その日には現世と来世を隔てる扉が開き、祖先の霊が戻って来ると考えらたそう。良い霊だけでなく悪霊も一緒にこの世にやって来るので、魔除けのために明かりを灯しました。この明かりが現在のジャックオーランタンですね。変装は、悪霊から身を守るため。

「オレンジ」は収穫を表します。
ヨーロッパでの小麦の栽培は紀元前3000年頃には既に始まっており、中世には主要な作物でしたから、黄金に輝く麦畑の色「オレンジ」こそが収穫を意味する色だと考えられます。また、起源である祭りの女神のシンボルカラーであるとも言われています。

そうそう、かぼちゃは産直市や八百屋で早めに買いましょう。直径30cmのオレンジのかぼちゃが、300円でした。とってもリーズナブル。


本日も授業ネタでした。
今週、学校でジャックオーランタンを作ります。
[PR]
by essence-interior | 2013-10-21 00:01 | 暮らし

インテリア


by essence-interior